​プレ・インターンシップ実例

プレインターンシップ体験

BURBERRY  銀座でブランドの「伝統と革新」を学ぶ 

BURBERRY銀座店やプレスルーム見学、さらにブランドのテーマ「伝統と革新」についてたっぷり教えていただきました!

2021.10.27

今回のプレインターンシップの舞台は、ラグジュアリーブランド「BURBERRY」! プレスルームや銀座旗艦店の見学、さらにBURBERRYが表現している「伝統と革新」とは何かまで。見て、触って、聴いてと充実の体験となりました。参加メンバーは最初は緊張していたものの、質疑応答でも多くの質問が出て、大いに学び考えた時間となったようでした。

press to zoom

press to zoom

press to zoom

press to zoom
1/5

今回はBURBERRY JAPANさんの銀座店でプレインターンシップさせてもらいました!同店舗は銀座駅から徒歩3分で、とても近かったです。まず同社のオフィスに案内してもらい、今年の冬や来年の春に売り出される服が置いてあるプレスルームを見学しました。コートやハンドバッグ、アクセサリーなどが沢山あり、触りながら素材や質感などを確かめたり、とても緊張した空間でした。 その後、会議室に移動して、BURBERRY JAPAN代表取締役社長の小田切賢太郎さんや他3名にBURBERRYさんに関するプレゼンテーションを聞かせてもらいました! 同社の歴史はトーマス・バーバリーがイギリスに創設したことによって始まりました。そして、驚くことに、トレンチコートのモデルとなったのは軍服でした! また、2050年までに温室効果ガスの排出をゼロに抑え、2022年までにカーボンニュートラルを達成するという世界的目標を掲げ、サスティナブルな世界への貢献を目指しています。 そして、同社はラグジュアリーブランドとして初めてLINEを広告の媒体として活用し、商品を広めました。他にも、雑誌やイベントの開催、Instagramなども開設し、世界中に情報を発信しています。 同社の歴史や取り組み、働き方など貴重なお話を聞き、将来への取り組みや、やりたいことなどを考えるきっかけになりました! その後、オフィスから階段で店舗に移り、店内の視察をさせてもらいました。3階には日本初上陸のトレンチコートのオーダーメイドサービスがありました。素材や背中の刺繍、ボタンなどの様々な種類のカスタムができます。 2階にもウィメンズの服が並んであって、1階にはアクセサリーやバッグが綺麗に並んでいて、とても素敵でした。 最後にオフィスに戻り、1人ひとつずつ質問をさせてもらい、貴重な体験が終了しましました。 今回、私は初めてFFIメンバーとして参加させてもらいました。最初は緊張していて、上手く頭が回らなかったんですけど、BURBERRYの皆さんが、丁寧に質問に対応してくれたり、話しかけてくれたので、楽に居られることが出来ました! 今回の話を聞いて、私はまだまだ知らないことが沢山あるし、学べることがあるんだと思いました。このような体験は、これから学ぶことを先取りできたり、自分からは学ぼうとしないことが知れる機会だと思います。 ありがとうございました。(Momoka/高校2年生)

今回のプレインターシップはバーバリー・ジャパン代表取締役社長の小田切賢太郎さんに案内していただきBurberry 銀座店とプレスルームを見学しました。さらにお話も伺いました。 お話の中で特に印象に残っていたのは「ラグジュアリー」という言葉です。ラグジュアリーはその人にとって特別と思える体験で、ラグジュアリーブランドはお客様にそれぞれにあった特別なものや体験を届けるブランドのことをさすそうです。Burberryはこの「ラグジュアリー」という言葉を大切にしていると聞いて、私はBurberryのお客様にたいする思いが素晴らしいと感じました。また、Burberry の歴史についても教えていただき、Burberry の創業者トーマス・バーバリーによって作られた、トレンチコートにも使用されてるコットンギャバジンという素材は通気性がよく水をよくはじくため軍服にも使用されていたことを知り、改めて洋服は様々な思いや観点から作られることを学びました。 今回、Burberry を見学してみて、Burberry のようなラグジュアリーブランドの一つ一つのこだわりや思いを知っていきたいと思いました。 ありがとうございました。(Eri/中学2年生)